postheadericon 佐渡でフレンチを作る、という事 ~牡蠣のクリームスープ~

個人的には佐渡の牡蠣が一番味が濃いと思っています。
そして滅菌施設があったら、この美味しい牡蠣を生牡蠣で食せるのに!と思ってしまうのは私だけではないはず・・・。
本題のスープに戻ります。
作り方は2種類。
出汁を取り尽くして、その出汁だけを使いサラッと仕上げるタイプと牡蠣そのものも裏漉しをかけて濃厚なタイプのもの。
写真は濃厚タイプなので、そちらの作り方をご紹介します。
牡蠣は水から茹で(アクが良く出る)、沸騰寸前で弱火にし20分。
その後、蓋をして1時間くらい休ませます。
フライパンでにんにくと玉葱を色をつけないように注意しながらバターソテーします。
玉葱に十分火が通ったら、先ほどの牡蠣のブイヨンを入れ、塩・胡椒をして、沸騰させないように煮詰めます。
ミキサーで回した後、裏漉しをすれば牡蠣のピュレが出来上がります。
これを生クリームで伸ばせばスープの完成です。
付け合せにチーズのマッシュポテトを添えました。
作り方は至極簡単!
裏漉しした芋にお好みのチーズと胡椒(塩はチーズが持っているのでここではしない)、そしてパセリの微塵切りを入れてよく練れば完成。
牡蠣の旨味がギッシリ詰まった一皿です。
先ずはそのまま、次にマッシュポテトを少し溶かして・・・。
一皿でいろいろな楽しみ方のできるスープです。

美味しそうだけど作るのメンドクサイナ・・・。
そうお思いの方、その為に海府荘はあるのです(笑)。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj