postheadericon 佐渡でフレンチを作る、という事 ~林檎のロティ、ソース アングレーズ~

ようやく最後にたどり着きました。
コースの最後を締め括るのは、林檎のロティ、ソース アングレーズです。
ソース アングレーズはカスタードソースと言った方がわかり易いでしょうか。
林檎は紅玉を使いたいので、予約が入ると、先ず紅玉の確保になるのですが、これがなかなか・・・。
デザート作りには必要な酸味が、加熱せずに生で食べる日本では支持されないのでしょうか?、探すのに一苦労することがしばしば。

薄くスライスした林檎に、グラニュー糖・シナモン・バター、そして最後にブランデーをたっぷりかけて、180℃のオーブンで約20分。
ソース アングレーズをひいた上にロティした林檎をおき、ソース ショコラで飾りを施します。
どんな素材でも、手間をかけた分だけ応えてくれる、まさにその言葉を代弁する一皿です。

実は・・・、このデザート、最近腕の上がった子供達が作ってくれるので、これに関しては偉そうな事を言えないのが本音なんです(苦笑)。

さて、海府荘のフレンチ、いかがでしたでしょうか?
冬の夜長、たまにはフランス料理でゆっくりと時を過ごされてはいかがでしょうか?

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj