postheadericon 海府荘は一足早く春

お客様は来ないのに雪だけは次から次へと降って来ます。
もういい加減お腹一杯なので降らないで欲しいと思っているのは私だけじゃないでしょう。
庭にある梅の蕾もまだまだ固いまま、まだまだ春は遠い感じ。
ならばと、皿の上に一足早く春を盛ってしまおうという一品。
ウスメバルのポワレ、パセリのクリームソースです。
ソースはパセリの葉緑素を採り、魚のだし汁(フュメ・ド・ポワソン)がベースのクリームソースに溶かし込んだものです。
パセリの瑞々しい香が春の到来を告げる、そんな一皿です。

*ウスメバルの事を佐渡ではタカナ八目(はちめ)と呼びます。
佐渡では、メバルだろうがカサゴだろうが、ひっくるめて八目と呼んでいます(正確には一部は○○八目と呼ぶ魚も有りますが)。
おおらかでいいと思いませんか?

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj