postheadericon 佐渡 大倉 大幡神社の流鏑馬

ゴールデンウィークも最終日、仕事も落ち着いたのでそろそろブログの更新をせねば!と思いpcに向かう始末、ヤレヤレである。

一ヶ月近く前の事になりますが、毎年4月11日は海府荘からほど近い大倉という集落の氏神である大幡神社の祭礼が執り行われます。
この神社は縣社(旧)であり、大変格式のある神社で、奉納される芸も歴史のあるものです。

その中の一つに流鏑馬があります。
その射手には小学4年生から中学1年生くらい男の子が選ばれるのですが、昨今の過疎の影響で大倉集落にはちょうどその歳に合う子供がおらず、我が家の4男坊君に白羽の矢が立ったというわけです。
残念ながら当日は朝からの雨、馬の蹄が滑ると危険という事になり、徒での流鏑馬となってしまいましたが、放つ矢総てを的に当て、大役を無事に務め上げてくれました。
大倉集落の皆さんも大変喜んでいただけた様子で、地域の為に僅かばかりでもお役に立てたことを嬉しく感じ、それをやり遂げた息子を誇りに感じた一日でした。