postheadericon 木苺の花 〜海府荘の周辺〜

番頭さんとの散歩道の途中には色々な野の花が咲いています。
今日は昨日まで蕾だった木苺の花が咲いていました。
子供の頃はおやつと言うものがなく、学校帰りに木苺や桑の実を採って食べました。
木苺はいくら食べても大丈夫なのですが、桑の実は食べると舌が紫色に染まるので、道草したのがバレバレになる代物でした。
今は蚕を飼う家も無くなり、桑の木も切られてしまいましたが、記憶に残ってい桑の実の味はとても甘く、特に黒に近い紫色の実が甘かったと覚えています。
子供の頃は“プリンやケーキを喰いてえな〜”と思ったものですが、今となると貴重な経験と味を体験していたんだと思います。