postheadericon 関岬ワカメ 〜海府荘の食〜

知る人ぞ知る関岬ワカメ。

私が聞いたところによれば、昭和39年の新潟国体の折、佐渡に行幸された昭和天皇陛下、皇后陛下に佐渡ワカメを召し上がっていただく事になり、当地のワカメが選定され、関の大家さんが採ったワカメが供されたとの事で、採る前に検便をする厳しさだったと聞いています。
佐渡ワカメの中でも関のワカメと真更川のワカメが品質第一とされ、価格も一番高いものとなっています。

現在は熱風機などで乾燥させていますが、私の子供の頃は藁縄で干した後に黒玉石に並べて自然乾燥をしており、それはそれは手間のかかる代物でした。
私も佐渡に戻ってからは、嗜みとして漁に出ていました。
両親が健在の頃はお得意様の注文もあり毎年刈っていましたが、父が入院をし、両親を相次いで亡くしてからは出ることがなくなりました。
コロナ騒動で開店休業状態になったため、3年ぶりに漁に出ました。
乾燥機も使えなくなってしまったので、昔のように黒玉石で…と言っても既に階段護岸に変わっているので、その階段護岸の石の上で自然乾燥です。

完全天日干し!のプレミアム関岬ワカメなのですですが、製品にする予定は無く、親戚や常連のお客様のお土産にする事になりそうです。