postheadericon Happy Birthday

今日は海府荘の大女将、私の母にして子供達のばあちゃん(当たり前か)の誕生日。
御歳76歳になります。
四男坊がケーキを運んできたら、誰の誕生日かわからなかった様子で、キョトンとしている。
三男坊が、“ばーちゃんお誕生日おめでとう”と言うと、“いじゃ、忘れとったわエ~(あら、忘れてた)”と一言。
まだまだボケてもらっちゃ困るのである。

色気の無い野太い声(次男・三男・四男)のHappy Birthday to youが歌い終わり、ローソクを吹き消すのでありますが、一回・・・、二回・・・、三回目でやっと吹き消すことが出来た。
小さいころ、悪戯をするたびに、ド迫力で叱られたのが嘘のようである。

自分の誕生日を忘れている(?)くらいだから、解っているかどうかは不明だけれど(もしかしたら解っていないフリをしているのかもしれないが)、まだ喜寿のお祝いをしていない・・・。
今年が終わらぬうちに・・・。

取り敢えず、今日はケーキで許せ、ばーちゃん。