2011年11月24日 のアーカイブ

postheadericon 佐渡でフレンチを作る、という事 ~フォン・ド・ヴォー~

仔牛の骨である。
オーブンでじっくり火を通す。
仔牛の肉・香味野菜はソテーし、少量の塩・トマトペースト、そしてブーケガルニと共に3日間を寸胴鍋の中で過ごす事になる。
佐渡でフレンチを作るという事は、本土と比較すると、とてつもない労力を必要とする。
材料の入手からして一騒動になる。
電話一本で全てが揃った東京時代が嘘のようである。
では楽な方向へ向かうのか?(つまりは缶詰のフォン・ド・ヴォーがあるのだが)。
それをするくらいなら、私はフレンチを作りたくないし、作れない。
なぜ? >>続きを読む>>>