2020年7月 のアーカイブ

postheadericon ホ、ホ、蛍来い 〜海府荘の庭〜

海府荘の庭には清水が流れているせいか、蛍が今頃から8月のお盆の近くまで幽玄な灯を放ちます。
私達がコロナウィルスでザワザワしていても、何時もと変わりなく今年も明かりを灯してくれています。
頑張ろう!と思えるのです。

postheadericon 独り占め 〜海府荘の周辺〜

いつもの散歩道のど真ん中、でんでん虫様のお通りです。
梅雨の時期だけの光景と思いしばし観察。
10cm移動するのにどれくらい掛かるのか…、と言うくらいのんびりモード。
こんなの見てると午後の仕事に間に合わん!と散歩を再開するも、なぜか♪でんでん虫むし〜♪と口ずさむ始末。
小学生の時の音楽の先生は仲道先生だったな〜と思い出しながらの散歩でした。

postheadericon 喰らう 〜海府荘の食〜

シシトウである。
有機堆肥のみ、安心安全を心掛けているが、所詮は素人農法ゆえ病気に罹ることも。
そんな中でも応えるように実ってくれると嬉しさひとしお。
いかに育てるかと、いかに喰らうか、両方とも大事なことですが、特にいかに喰らうか、一番美味い食べ方は何か?
先ずは採りたてをシンプルに炭火で炙り、塩をパラパラとレモン汁を少々。
美味い!

それほど忙しくない時には供食できないものかと思案中です。

postheadericon 何処かで見た風景 〜海府荘の庭〜

久々の晴れ、いつもの様に番頭さんの様子を見た後にメダカに餌をやり、庭の灯籠に目をやると紫陽花の葉にカタツムリ。
雑誌に載っているかの様な佇まいは既視感タップリ。
ここ数日間バタバタしていたのでフッと気持ちが和らいだ感じでした。

postheadericon 香草の花 〜海府荘の庭〜

上段はタイムの花
下段はセルフィーユ(チャービル)の花

どちらも5月末に撮ったものをアップし忘れ今頃?感満載ですがご容赦下さい。
佐渡では以前よりは香草を置いてある店も増えたようですが、まだまだ種類不足なので玄関脇のスペースに少しずつ香草を栽培しています。
これから新じゃがが出回り始めますが、一口大に切って塩胡椒し、オリーブオイルをかけ、タイムを茎ごと混ぜてからオーブンで焼くと最高の肉料理の付け合わせになります。
もちろんビールのアテになる事は申すまでもありません、是非お試しください。